亀さんランナー100マイラーへの道

亀さんランナーHaluのランニング練習日誌

【ヤマノボリ】奥秩父主脈縦走レポート DAY1(瑞牆山荘ー金峰山ー大弛小屋)

DAY1 5月3日 晴れ

長い旅のはじまり

新宿から電車とバスにゆられて4時間強

スタート地点の瑞牆山荘に到着。

10時30分ごろスタート。

DAY1 瑞牆山荘ー金峰山ー大弛小屋 11km D+1200m

f:id:haluka0514:20170506155930j:plain

(まだ元気があまってる)

金峰山

金峰山へはコースタイムで4時間10分。

標高は1000mほどあがります。

f:id:haluka0514:20170506160735j:plain

しばらくこんな感じの苔むした雰囲気のよい森の中。

こだまが出てきそうなもふもふの苔たちにテンション上がる!

・・・のもつかのま。

f:id:haluka0514:20170506160956j:plain

雪・・・

しかも思ってたより多い・・・

f:id:haluka0514:20170506161329j:plain

ここで、すべりまくって危なかったのでチェーンスパイクを装着。

こんなにはやく雪装備を使う日が来るとは。

トレランシューズにもすんなり装着できました。

ちゃんと歩けるのか少々不安でしたが、意外と普通。

さくさく楽しい!!

ただ、地面に対してまっすぐ歯がささらないとずりっといくので

まさに「地面にひっかかる感じ」を練習するよい機会になりました。

そんなこんなで山頂はもうすぐ。

金峰山

最後は岩の稜線をのぼります。

むこうに見えているのが金峰山のシンボル、五丈岩。

f:id:haluka0514:20170506161637j:plain

(岩と雪のミックスで難しくて困ってる、の図)

2500mを超えると見たことのない景色が広がっていて

よく見る登山番組のような世界が目の前に。

感動しながらしばらく進むと山頂に到着。

f:id:haluka0514:20170506162135j:plain

(完全に雪山登山)

山頂は360度の大パノラマで

富士山や南アルプス中央アルプス八ヶ岳、などなど

遠くの美しい山々が。

やっぱり奥武蔵の山とはスケールが違う(2回目)

こんな世界があったなんて・・・これははまりそう!

f:id:haluka0514:20170506163004j:plain

(山頂左手に富士山、右手に南アルプス

大弛小屋へ

山頂を超えれば、1日目の小屋はもうすぐ。

だと思ったのは大きな間違い。ここからが大変すぎた。

f:id:haluka0514:20170506163538j:plain

f:id:haluka0514:20170506163622j:plain

(大きなおしり、すみません)

はまる、はまる、あぁ・・・

これが踏みぬきというものか。

はまりぐあいを見ておわかりのとおり、積雪は80㎝ほど。

トレース上を慎重に進んでも少し外れただけでずぼっと・・

でも、1日目は距離も短く元気もあまっていたので

雪のダンジョンだねー、なんてはしゃぎながら

ドラクエ的なノリで、前方に次々と現れる登山者たちをかわし

(注:マナーは守っています)

金峰山から1時間40分ほどで到着。

f:id:haluka0514:20170506163911j:plain

街は春でも山は冬、とはよく言ったもので

事前に調査はしていたものの

「雪山は体力を使う」ということが身にしみてわかりました。。

いい姿勢とか、重心のコントロールとか

すべて記憶のかなたに忘れさられるほど

雪に翻弄された1日目。

2日目、さらに雪に苦しめられるなんてこのときはまだ知らず。

f:id:haluka0514:20170506165223j:plain

この日はおいしいすき焼きを食べて就寝。

 

~DAY2へつづく~

www.getready-getset.com

DAY3はこちら

www.getready-getset.com

総集編はこちら

www.getready-getset.com