亀さんランナー100マイラーへの道

亀さんランナーHaluのランニング練習日誌

【ドニチレン】同じ負荷で動き続ける

4月16日 快晴

チーム竹澤 シーズン2の第1回ドニチレンでした!

吾野高山不動尊ー関八州見晴台ー西吾野ー子の権現ー吾野ー前坂ー大高山ー天覚山ー東吾野

約26km 累積標高1600m

どんどん人が少なくなるサバイバルなコース…

3つ目の天覚山まではさすがにきつかった。

 

*できたこと

いい姿勢の意識・イーブンペースで動く

腹筋が痛くなったのでいつもより体幹使えてたし

下りがだいぶマシだった(!)

*課題

脚の回転、リズムがのぼりになると落ちてる

人よりだいぶピッチが遅いんだなぁ…

f:id:haluka0514:20170416170413j:image

同じ負荷で動き続ける

今日のテーマはのぼりくだりにかかわらず

体への負荷を一定にすること。

なので心拍数がほぼ同じになるように

ペースと体の使い方の意識を強めにしました。

得意なとこだけだーーっと走ったり

無理についていこうとすると

心拍数が乱高下して体へのダメージが大きい。

今日はほぼ一定170前後で保てたので

(いつもみたいに200は叩き出してなかった)

きつかったけどまだ進める感じはあったし

いつも通り遅いんだけど、脚は残ってたかな。

f:id:haluka0514:20170416170645j:image

いい姿勢とは

直立状態でのいい姿勢とは

耳、肩(肩峰)、腸骨稜(骨盤の出っ張ったとこ)、膝、くるぶしが

縦に一直線になるところ

これが全身の筋肉がいちばん自然で

どこにも無理な力がかかってないポジション。

平地ではその姿勢を保ったまま、体全体をすこーし前傾させると楽に走れます。

のぼりでは「地面」に対してではなく

「重力」に対してまっすぐ立つと自然と前傾になるので

その姿勢をキープするように意識して動くだけですごく楽になります。

f:id:haluka0514:20170416171700j:image

(これはバテバテだった年末の大高山)

頭ではわかってるんだが

自分の体で再現するのが難しい・・・

でも、あったかくなって身軽になって

前よりかなり体が動くようになってきた〜

この調子でがんばろう。