亀さんランナー100マイラーへの道

亀さんランナーHaluのランニング練習日誌

【番外編】横浜トライアスロン参戦記(リレー)

5月19日 快晴

真夏のような日差しの中、横浜トライアスロン参加してきました。

f:id:haluka0514:20190522230553j:image

トライアスリートなら憧れの大会?!

あのチョコレート色の海の何が憧れなのかは謎すぎますが(たぶんそこじゃない)

ブルーカーペットと会場全体の雰囲気はとってもよく

世界シリーズなだけあって街全体をあげて盛り上げてます。

大さん橋、赤レンガ倉庫、山下公園がコースになっていて

なんとスイムでは氷川丸の目の前を泳ぐことができる!

山猿家は昨年に引き続き、リレーで参戦してきました。

yokohamatriathlon.jp

担当は

スイム:わたし(泳ぐのは1年ぶり)

バイク:Iさん(バイク乗り。とにかく速い)

ラン:相方(UTMF仕様のためスピード練習ゼロ)

元水泳部ということで選択権なくスイム担当。

亀さんランナー海へ帰る、の巻です。

さて、無事に海に帰れるのか。

当日朝

朝起きて、やっぱり行きたくない。やめようか、と悩むこと15分。

水着をどこにしまったか、思い出すのに5分。

あと、ゴーグルと、キャップと、えーと、、これだけでよかったっけ?

先が思いやられる1日のはじまり。

なんてったて最近はもっぱら週末山生活なので

昨年の横トラ以来1回も泳いでいないという・・・

(UTMFあったし、それどころじゃないよね)

それでも、やめて後悔することはあっても

やって後悔することはないだろう、ということで

意を決して家を出る。

まじで1.5㎞も泳げんのか、という気持ちと格闘すること1時間。

会場に着いてしまいました。

もう、やるしかない。

スイムチェックイン

トレランと違ってトライアスロンはウェーブスタート形式。

わたしの参加するリレーは第11ウェーブということで

スタートは10時20分。

スイムチェックイン完了の9時40分までにスタートエリアに行けばOK。

のんびり準備して、とりあえずウェットスーツを着る。

f:id:haluka0514:20190522230612j:image

準備したらやる気でるかと思ったけど

ほんとに1.5㎞泳げんのか、前に進むんか?という気持ちとまだ格闘中。

ウェット着て、決めポーズしたらやる気が10点くらいになりました(100点満点ね)

陸上の運動ならヘルプもすぐ呼べるからなんとかなるけど

海ってなんかあったら一大事だからね。

f:id:haluka0514:20190522230625j:image

ぐだぐだしながらスタートエリアへ。

チームで写真撮ったら、やる気が20点くらいにあがりました。

よし、とりあえず、たすきはつなごう。

試泳

大きな大会って試泳があるんです。

これから1.5㎞泳ぐってのに

100mも泳がされる…!

この試泳でフォームがあやしい(溺れかけてたり、蛇行がひどかったり)と

安全にスイムアップできないと判断され、審判にブーと言われます。

つまり、スタートさせてもらえません。

全然進まなかったらどうしよう、と不安MAXの中

1年ぶりの海へダイブ。

横浜港のところどころ泡立ったチョコレート色の海は

想像通りの水質で、まあ、やっぱりすごかったです。

f:id:haluka0514:20190522230648j:image

例えると、味噌汁を黒くして、工業油の風味つけた感じ?

海水なのでもちろん、味は塩分かなり濃いめ。

視界は自分の肘くらいまで。指先はギリギリ見えない(苦笑)

昨年もう二度と泳がん!!って決めただけある。

結局また泳ぐことになったけど。

そんなことを考えながら泳いでいたら100mの試泳はあっさり終わりました。

なんだ、1年ぶりのわりにはちゃんと泳げたわ。

この時点でやる気50点くらい。

スタート

試泳が終わったら反対側のポンツーン(スタートライン的な浮き台)に整列。

もうこうなったらやるしかないので、覚悟を決める。

やる気は最終的に70点くらいまでしかあがらなかったけど

まあ、あとはなんとかなるでしょう。

3、2、1、プオーン。

唐突に鳴るスタートの合図とともに

亀さんランナー、海へ帰る。いよいよスタート。

f:id:haluka0514:20190522085027j:plain

コースはご覧の通り、氷川丸の前のエリアを三角形に2周。

ファーストブイまでだいたい300m。

そこから鋭角に曲がってセカンドブイを通過して、サードブイまでたぶん150m。

そしてポンツーンまで300mといったところでしょうか。

1周目

まず目指すはずいぶん遠くに見えるファーストブイまで。

・・・・・・とおい。

25mプール6往復分をまっすぐ泳ぐつなげて泳ぐ、

って考えたらたいしたことなさそうだけど

案の定、全然つかないよね。

泳ぐ感覚も、息継ぎの感覚も、前方確認のためのヘッドアップの感覚も

すべて思い出しながら漂うこと数分。

横からアタックしてくる人とか(まっすぐ泳いで…)

前のウェーブの速い人に後ろから乗り上げられたり、たたかれたり

(これをスイムバトルと言います)

蹴られたり、蹴り返したり

もれなく大量の海水を飲みつつ(お腹壊しませんように…)

そんなこんなしてるうちにようやくファーストブイに到着。

残り、このあと5倍。

え、ちょっとできるイメージない。すでにやめたい。笑

といっても、ランと違って「やめます!!!」ってすぐ言えないのがスイム。

そう、ここは横浜港のど真ん中。

目の前にそびえる氷川丸と比べて、ちいさなちいさな、漂うわたし。ぐすん。

(はい…泳ぎます…とりあえずポンツーンまで頑張って戻りますね…)

なかば投げやりに手を回し続けたら

意外とあっという間にサードブイまで着きました。

ブイの鋭角なターンで毎回タコ殴りにされた以外はおおむね順調。

(だからまっすぐ泳いで…)

最後のストレートはまたひたすらに長かったけど、無事に1周目を終えました。

f:id:haluka0514:20190522230553j:image

よし、とりあえず750m泳げたぜ。

2周目

さて、ポンツーンに戻ると、一度陸にあげられます。

この瞬間が、めちゃくちゃきつい。

もう1周これ行くの・・・という気持ちとの格闘。

昨年はここで1分くらい休んで1分差で優勝を逃したので

今年は休まず2周目いこうと決めてたものの…

20秒くらい休んだ。やっぱり、きつい。笑

2周目はだいぶ泳ぐ感覚もつかめ、ファーストブイまではかなり順調。

まわりを見ると後ろにもかなり選手がいたので

そんなに最後尾を泳いでいるわけではなさそう。

気持ちの余裕も出てきました。

・・・が、順調と思ったのもつかの間。

この辺から前のウェーブの選手がかなりこぼれてきて

スイムバトル再開・・・!

こぼれてくる=スイムが得意ではない、ということなので

(前のウェーブはリレーではなく、1人で3種目やるすごい人達です)

乗り上げてくる、横からつっこんでくる、いろいろすごかった。

申し訳ないと思いつつ、平泳ぎに変えて、足でそっと横にいっていただく。

(思いっきり蹴ったらかわいそうなので、そっと、ね)

そんなこんなしてたら、2回目のファーストブイは案外近かった。

残り約450m。

もう1㎞以上泳いできたから、たすきはなんとかつなげそう。

あとは最後まで残る力を振り絞って泳ぐのみ!!

そう思って気合を入れた直後に、腕が終わりました。笑

かすっかすで全然水をかけない重たい腕をひきずり

最後はトレランで鍛えた脚力を活かした全力のキックで進む。

もがくこと数分。

・・・着いた!!!!嬉

こうして、亀さんランナー海に帰る、完。

無事にとはいいがたい状況ではありましたが、なんとか海に帰れた、と思います。

スイムアップは39チーム中21番目。

男子チームもある中で半分くらい、まずまずでしょう。

トランジション

トライアスロン独特の「トランジション

種目をチェンジすることで、バイクやらシューズやらを置いておく場所を「トランジションエリア」と言います。

横浜ってスイムアップからトランジションエリアまでが遠い。

1.5㎞泳いでぐったりのところ

ウェットスーツ着て、はだしで、トランジションエリアまで走ります。

もちろんこの区間もタイムに加算されるのでリレーの場合はとにかくダッシュ

約500m。キロ4分30秒で走りました。

心臓取れるかと思った。

でもこの区間で10人くらい抜いたので順位アップにつながった…はず。

おまけ

そんな亀さんランナー1年ぶりの海、でしたが

バイクIさんと相方の激走によりチームではなんと男女混合2位をいただきました。驚

f:id:haluka0514:20190522231034j:image

スイムがへっぽこすぎて

「とにかく、マイペースに、時間いっぱい使っていいから!安全に帰ってきてくれたらそれでいいからね!!!」

というものすごーーくハードルを下げた状態で挑んだのでまさかの結果。

世界シリーズだけあって表彰式はとっても立派で

あの場所に立たせていただいて2人には本当に感謝です。

f:id:haluka0514:20190522231141j:image

1位とは約2分差だったようで、ちゃんとスイム練してたら優勝できたかもなぁ…

と少し申し訳ない気持ちもあります。

 

来年は優勝目指して…がんばる…?

・・・とは言い切れない自分もいますが

トライアスロンもやっぱり楽しい★と思わせてもらった大会でした。

バイクちょっぱやのIさん、本当にありがとうございました!

f:id:haluka0514:20190522231227j:image

長くなりましたが、次のレースは水上アドベンチャーレース!

楽しみだ~