亀さんランナー100マイラーへの道

亀さんランナーHaluのランニング練習日誌

【レースレポート】会津那須越県ロングトレイルー後編ー

さてさて、後編はじまります!

まだしばらく夜は明けませんが、後半は絶景パラダイス~

▼前編はこちら

www.getready-getset.com

小白森エイドー観音沼エイド(52㎞)

時刻は3時前…

20時スタートって夜がとっても長くて精神的にきつかったな~

2時~4時の夜が明ける手前の時間帯が、個人的にはとても苦手。

夜間走って走りに集中できていいけど

集中力が必要なのでこのくらいの時間帯になると疲れてきちゃうんだな。

(観音沼で待ってるちゃんぷ練の王子に、コーラ買ってきてって深夜2時にお願いしたのはここだけの話)

小白森山までの道のりは地味なアップダウンが永遠に続き

山中温泉のサンドウシスカイラインを思い出しました(わかる人にはわかる)

f:id:haluka0514:20191027173408j:plain

観音沼までのロードが、地味に長い

観音沼エイドー音金エイド(61㎞)

観音沼のカットオフは朝9時。

なんとしてもその時間までに到着しようと、苦手なロードもがんばって走りました。

長い夜に疲れてキロ8くらいだったか…

やっぱり、もうちょっと走力つけよう。

f:id:haluka0514:20191026161903j:plain

観音沼のほとり。朝日がとても美しい(Photo by 藤田スポーツ)

観音沼のほとりに着くと、一気に人の気配が。

ここまで獣の気配しかしなかったからほっとした。

7時ごろには着けるからコーラお願い…!って約束通り7時にエイドイン。

コーラがすごく染みました、王子ありがとう…

f:id:haluka0514:20191027173425j:plain

のんびり食べてる相方とさっさと出発の準備をするわたし。対照的な2人がよくわかる1枚(Photo by 藤田スポーツ)

ここでまさかの女子3位ですよ!の声援。

こんなマイペースに進んできてそんなはずないやろ!と思ったけど

実際は女子5位。

これは、もしや、年代別優勝くらいは狙えるんじゃ…?

ということで、ちょっとゆっくりしようかな~なんて考えてたプランを急遽変更。

相方はもう少し休みたいということで、置いていくことに。笑

このあと音金まではくだり基調だから、きっと追いつけるでしょう。

f:id:haluka0514:20191027173403j:plain

これも藤田スポーツ。このあと相方エイドアウトまでお尻たたいてもらって助かりました…

音金までは走りやすいくだり基調のトレイルとのぼり基調のロード。

前の女子を追いかけて走る走る。

走りやすい区間だったので9㎞、1時間ちょっとで着きました。

音金エイドー三斗小屋エイド(78㎞)

さて、ここからがこの大会のハイライト!

ようやく!ようやく!!三倉山の絶景の稜線へ!!!

f:id:haluka0514:20191027173415j:plain

ここから標高1200mほどアップ。60㎞すぎてこの急登はこたえました。

谷川岳南アルプスで急登練してたので大丈夫でしょ…と思ってたけど

さすがに60㎞すぎての急登は脚にきました。

それでも、全然進まないな~、自分遅いな~なんて思いながら歩いていると

前に!女子が!!笑

私が観音沼にエイドインした直後にアウトしていった女性が目の前に。

ということは20分ほどの差をこの10㎞で詰めてきたことになる。

これは、もしや、もっと上狙えるんじゃ…?

この辺から欲が出てきて、ギアを1つあげてみる。

相方はどうやらついてきてないみたいだけど、まあくだり速いから大丈夫でしょう。

f:id:haluka0514:20191027173429j:plain

マーシャルで入っていた松さん撮影。このとき相方は1つ手前の山の途中。

そのままの勢いでプッシュして、結局三倉山へののぼりで女性をあと2人抜きました。

あれ?自分、のぼりめっちゃ強くなってる。笑

そうこうしているうちに、ハイライトの稜線に到着!

絶景パラダイスはじまるよ~

みなさまにもちょっとだけ、おすそ分け。

f:id:haluka0514:20191026161924j:plain

どこまでも続く稜線が本当に美しかった。もっとゆっくり楽しみたかった~

そこからは美しい稜線を横目に

後ろを気にしながら、1キロ10分のスーパーパワーウォークで。

風が強すぎてあおられて3回くらい転んだけど

排水溝みたいな溝にはまって2回くらい転んだけど

女子2位って聞いて完全に勝負モード。

ふだんあんまり勝負とか好きじゃないけど、

順位とか気にせずマイペースに走りたい派だけど

このときばかりはがんばったよね。

f:id:haluka0514:20191027173418j:plain

カメラマンさん、暴風の中ありがとうございました。いい顔してる。

f:id:haluka0514:20191027184415j:plain

この絶景を見に、今度はプライベートでゆっくり来たい!

f:id:haluka0514:20191027173411j:plain

気づいてなかったけど、稜線の向こうには茶臼岳。相方は…いないですね。。

このあとすぐにガスが上がってきてしまったようで、

この景色が見られたのはほんの一瞬だったそう。

この景色の中を走れたことに感謝。

大峠からのくだりはとっても難儀したけど

このあたりからペースが同じくらいの男性ランナーさんと抜きつ抜かれつで

楽しくおしゃべりしながら進んだので気がまぎれました。

いつの間にか相方も合流して、一安心。

麦飯峠ではTJAR戦士の高田さんに追いついて

ちょっとだけお話できたのうれしかったな~

得意の人見知り発動して、さっさと前に出てしまったけど

もっといろいろ話聞いとけばよかった。

三斗小屋エイドーゴール

三斗小屋エイドでは白くま隊の浅井さんが迎えてくれました。

f:id:haluka0514:20191027183528j:plain

これはゴールしてから撮ったやつ。白くま隊の講習会、とっても勉強になります。ぜひ。

一度講習会に参加してから、顔を覚えてくれていてうれしい。

地味にこの区間がいちばん大変で

三斗小屋温泉から板室温泉まで、こんなに渡渉あるなんて知らなかったよ…

f:id:haluka0514:20191027173422j:plain

三斗小屋からが一番大変だったよね…渡渉まつりですべって2回くらいドボン(寒い)

 

浮石やすべらない岩を見分けるのがけっこう大変で

大丈夫と思った岩がすべりまくりでお尻からドボンしたよね。2回も。

ここにきて靴が濡れてショックだよ…80㎞ノーダメージで来たのに。

もたもたしてたら後ろから高田さんがやってきて

この石は大丈夫だから、とか気にかけてくれてとても紳士でした。

戦士はやっぱりこういう心構えから違うんだ。見習わなきゃ。

高田さんはくだりがめちゃくちゃ速くて、

その後あっという間に森の中に消えていきました・・・ 

f:id:haluka0514:20191026161823j:plain

2位死守!くだりが下手すぎてひやひやだったけど、逃げ切った!!

その後も最後まで気の抜けないずるずるのくだりで、難儀しましたが

なんとか逃げ切ってゴール!!

20時間23分、会津から那須へ県を超えた長旅は無事に終わりました。

今回も、2人で無事にゴールにたどりつけてよかったです。

 

わたしには出来すぎのリザルトだよね。

相変わらず亀さんランナーだけど

あせらず、くさらず、とばさず、休まず(寝ないで)、こつこつと。

のぼりもくだりも平地も、常に一定に。

きっとこれが私の強みなんだな。

 

この素晴らしい景色の中を走らせていただき、感謝しています。

第1回大会ということで、運営も大変だったことと思います。

来年以降も引き続き発展する大会になるよう、応援したいです。

 

▼まとめはこちら

www.getready-getset.com

▼こっちは相方のブログ(よかったらどうぞ)

yamazarukenji.net