亀さんランナー100マイラーへの道

亀さんランナーHaluのランニング練習日誌

【レースレポート】スパトレイル72k(2018)-山猿と亀の草津温泉への道-

さて、スパトレイルのレポートはじめます!

今回のテーマは

わたしたち夫婦が、なぜここまでスパトレイルの完走にこだわるのか。

について。

至極個人的な内容ですので、若干暑苦しいです。

そして、レース中の様子はほぼ出てきません!

そんなの興味ないよーって方はぜひ読みとばしてください・・・笑

はじまり

私たちはランニングを通じて出会いました。

入籍したのは2015年4月の青梅高水トレイルランのレース後。

無事に2人ともゴールできたら入籍しよう、そう決めて。

f:id:haluka0514:20180629192306j:plain

(素人感がすごい)

関門3分前の超ぎりぎりだったけど、なんとか完走。

そこからわたしたち2人のトレイルジャーニーがはじまりました。

チャレンジ

トレランの魅力にはまり、その年の秋にFT50をなんとか完走。

翌年、はじめてのミドルクラス(70㎞以上)にチャレンジしようと決めたのが

スパトレイル2016でした。

f:id:haluka0514:20180622000455j:plain

(2016年のとき)

当時わたしのフルマラソンのベストは5時間30分だったので

よくもまぁ無謀なチャレンジを、と今なら思うけど

案の定、みごとに玉砕。

特設関門で30分のタイムオーバーとなりはじめてのDNFを経験しました。

まったく歯が立たなかった。

関門まで残り3㎞、15分。

もう次の関門には間に合わないとわかって

でもすでに脚は動かなくて、歩くしかできなくて

悔しくて、遅い自分に腹が立って、なさけなくて、涙が止まらなかった。

そんなとき

「いけるところまで一緒に行こうよ」

そう言ってそっと背中を押してくれた相方に

この人ならきっと大丈夫だ、と思った。

f:id:haluka0514:20180629195453j:image

そのとき、このレースは絶対に2人でゴールするんだ、そう心に決めた。

リベンジ

その後、東神田TRCに入会し、月間100㎞以上は走るようになった。

相変わらず亀だったけど、長い距離への耐性は徐々についた。

トレニックワールド彩の国100㎞も完走し、

今年はいける!そう思って挑んだ2017年。

www.getready-getset.com

あえなく玉砕。

たりなかった30分は15分しか縮めることができず。

1人なら絶対に完走できるだろうに

わたしのせいでいつまでもゴールさせてあげられない悔しさに

とにかく泣いた。

もっと練習して、もっともっと強くなってここに帰ってくる。

あの日、そう心に誓って会場を後にした。

念願のゴール

あれから1年。

月間200㎞以上走り、スピード練習も本格的に取り入れた。

ロング走や峠走も月に1回以上は必ず行い

とにかく強く、速くなるために、いっぱい練習した。

すべては2人でゴールにたどりつくために。

www.getready-getset.com

はじめてのチャレンジから2年。

おたまじゃくしはカエルになり、ちょっとだけ脚のはやい亀になった。

ようやく相方をゴールに連れてきてあげることができて

本当にうれしい。

f:id:haluka0514:20180629202525j:image

時間かかって、ごめんね。

コンセプト

わたしたちには2人のコンセプトがあります。

このブログのドメインにもなっている

「GET READY GET SET」

f:id:haluka0514:20180629195521j:image

このコンセプトはわたしたちの人生そのもの。

わたしたちがロングレースを2人で走るのは

このコンセプトがあるからなのです。

 

なんとかなるよってのんびりどっしりかまえて

こっちの道の方が楽なんじゃないって巻き道を教えてくれる相方。

いつも全力疾走で

急な登りだろうと構わずまっすぐにつっこむわたし。

f:id:haluka0514:20180630104615j:image

生きていれば毎日いろいろあるけど、それはお山と同じ。

終わらないのぼりはないし、明けない夜もない。

一歩一歩、足を止めなければ、必ず目的地にはたどりつける。

この2年間もいろいろあったけど

スパトレイル完走は2人にとって1つの原点であり

共通の目指すべき場所でした。

f:id:haluka0514:20180629202614j:image

この草津温泉への長い長いトレイルジャーニーを終えて

わたしたちはまた1つ、強くなれた気がします。

そして、ようやく次の旅に向けて一歩踏み出すことができる。

 

これこらもいろいろあるだろうけど

2人ならどんな山でも越えていける気がする。

「GET READY GET SET」

さて、次はどこに向かおうか。