亀さんランナー100マイラーへの道

亀さんランナーHaluのランニング練習日誌

【コース紹介:高尾エリア】圧巻!満開の梅を見に行こう!(北高尾山稜ー景信山ー小仏城山ー高尾山口)

3月17日 快晴

ちょっぴり肌寒い寒の戻りの1日。

亀さんランナープレゼンツ ゆるトレラン企画第3回を敢行。

今回はこの時期ならではの満開の梅を見に行くトレイル。

東神田トレイルランニングクラブの新旧メンバー総勢14名で行ってきました!

みんなで行くとやっぱり楽しい。

いつものように爆笑珍道中。

がちんこ練習もいいけど、ゆるゆるワイワイもいいなぁ~

高尾にこんなところあったの…!?と思うくらい1400本の梅林は圧巻です。

f:id:haluka0514:20180318184545j:image

コース

スタート:高尾山口

ゴール:高尾山口

全長約25㎞ 累積標高約1300m

高尾山口ー駒木野ー富士見台ー黒ドッケー堂所山ー景信山ー小仏城山ー日陰ー木下沢梅林ー高尾山口

荷物:高尾山口駅にロッカーあり

温泉:京王高尾山温泉(高尾山口駅すぐ)

高尾山口のロッカーはたくさんありますので、全部埋まることはないと思われます。

お風呂はいつも激混みです。

そのあたりは、さすが高尾山という感じ。

f:id:haluka0514:20180318184603j:image

コースの詳細はこちら(ヤマレコに飛びます)

www.yamareco.com

北高尾山稜は細かいアップダウンが多く、少々タフ。

木下沢梅林に行くルートは他にも山ほど取れます。

歩くのも走るのも嫌な人は駅からバスでも行けます。

ちなみに、駐車場もありますので、車でもいけます。

コースのみどころ

①圧巻!1400本の梅林

なんといってもこれ。

期間限定で開放している木下沢梅林。

今年は3月10日~25日の2週間でした。

木下沢梅林|八王子市公式ホームページ

この日はジャストタイミングでほぼ満開。 

f:id:haluka0514:20180318184625j:plain

園内は梅のほんのりあまーい良い香りでいっぱい。

青空にピンクの梅が映えて本当にきれいでした!f:id:haluka0514:20180318184717j:image

なめこ

高尾に行ったことがある方なら一度は食べたことある?

茶屋のなめこ汁。

f:id:haluka0514:20180318184842j:image

とろみが強くてうまいのです。疲れた体にお味噌の塩気がしみわたる~

景信山、小仏城山に全部で3件の茶屋があるのですが

それぞれ違うなめこ汁が味わえるとか。

食べ比べたことないけど。

③永遠に続くかと思うアップダウン…

北高尾といったらこれ!

個人的には1番に持ってきたいくらい

心を折るに十分な小刻みなアップダウンが永遠に続きます。

f:id:haluka0514:20180318184937j:image

デジャブかと思うような、似たような急登・・・

トレイルランナーのみなさまにはとってもよい練習になると思います。

地味できつくて眺望もほとんどないので人は少ないです。

この日すれ違ったのは数組のハイカーとランナーのみ。

表の高尾縦走路はわんさか人がいますので

静かに修行したい方にはとてもよいと思います。

心が強くなります…

f:id:haluka0514:20180318185015j:image

(先頭ひっぱれるようになった。がんばった!) 

 

3月のトレランと言ったらこの梅ランははずせない!

個人的には3回目の梅ランでしたが、今年がいちばんきれいだったかな~

みんなの笑顔がとっても印象的でした。

また来年も企画しよ!

f:id:haluka0514:20180318185041j:image

(F氏のGoProが優秀。話しかけると写真撮ってくれるのね)

おまけ

毎度恒例になってきた自己紹介&ブリーフィングタイム。

大所帯だったのでみなさん地図持参で道の確認をしました。

新旧チームメンバーでつながりがひろがっていく、この時間けっこう好き。

f:id:haluka0514:20180318185202j:image

・・・なんだけど、毎回ロストする人がいる(うちの猿…)

みなさんも、調子に乗って分岐の見逃さないように気をつけましょうね。

 

さて、次はどこへ行こうかな~

--------------------------------------------------------

亀さんランナープレゼンツ ゆるトレラン企画

▼第1回はこちら

www.getready-getset.com

▼第2回はこちら

www.getready-getset.com