亀さんランナー100マイラーへの道

亀さんランナーHaluのランニング練習日誌

【ヤマノボリ】弾丸!日帰り大菩薩嶺~小金沢連峰①前編

7月8日 晴れときどきくもり

亀さんランナーのヤマノボリシリーズ第2弾でございます!

今週末どうする?山行く?的なノリで

低山のトレランも暑いし

そろそろ飯能・奥武蔵も飽きてきたしなー…ということで

弾丸!日帰り大菩薩嶺小金沢連峰に行ってまいりました。

テーマ

今回の山行のテーマは「たのしむ」

2017年の勝負レース2本を終え、スパトレイルのDNFもあり

山に入ることが一種の修行のようになりかけていたので

山に入る楽しみを思いだしたい、と思って。

今回のコースはこちら。

f:id:haluka0514:20170709164350j:plain

日帰りで行けるし、

トレランの人もけっこういるよ、といううわさも聞いていたので

かねてから行ってみたかった大菩薩嶺へ。

で、せっかくいくなら個人的に超気になっていた

「牛奥ノ雁ヶ腹摺山」(ウシオクノガンガハラスリヤマ)

に絶対行きたかったのでこちらのコースで。

コースタイムは9時間弱。

実際は歩き走りで昼食1時間ちょい含めても6時間くらいでした。

温泉でゆっくりさっぱりするなると、このくらいがちょうどよい。

ここだけの話、最終のバスを勘違いしていて

激走!湯の沢峠が繰り広げられることになるのだが・・・

これについては後述。

装備

装備はこちら

f:id:haluka0514:20170709165302j:image

ザック:Lush28 XP

シューズ:サロモン Speedcross Pro

食料:インスタントラーメン、アルファ米(予備)、行動食

その他:クッカー、燃料、水2Lなど食事に必要なもの

地図、コンパス、エスケープビビィ、ヘッデンなど緊急用のもの

帰りの着替え、温泉セット

いつものトレランスタイルに少し毛がはえた程度

重さにして3~4キロ。

でもこれ背負って走るとなるといつもよりきつい。

なにより、クッカーがカシャカシャうるさい。

スタート~大菩薩峠

JR甲斐大和駅からバスで45分くらい。

上日川峠からのぼります。

f:id:haluka0514:20170709165348j:plain

熊出没注意の看板がかわいい。

大菩薩嶺は人がめちゃくちゃ多いのできっと熊は出ませんが

小金沢連峰は途中で何回か獣臭がした。

熊か鹿かイノシシか。いや、全部か。

今回は遭遇しませんでしたが、ソロの場合は特に要注意。

f:id:haluka0514:20170709165323j:plain

気合いを入れて歩きはじめる。

福ちゃん荘からは稜線歩きしたかったので唐松尾根を選びました。

1時間弱で大菩薩嶺に到着。

はや。

f:id:haluka0514:20170709165334j:plain

バスで1700mくらいまで標高を上げているのであっという間につきます。

お手軽百名山

ゆっくり歩いても2時間かからないんじゃないかと。

で、ここからがお待ちかねの稜線ゾーン!!!

f:id:haluka0514:20170709165431j:plain

f:id:haluka0514:20170709165457j:plain

うつくしい・・・

緑のもふもふが大好きなのです。たまらん。

遠くでみるともふもふでも、近くで見るとがさがさの笹藪なんだが。

2000mの稜線。ずっと見ていたい。

なんども振り返りつつ写真をとりつつしていると

あっというまに大菩薩峠に到着。

はや。30分かからず。

f:id:haluka0514:20170709165514j:plain

(超ごきげんです)

お手軽百名山

正直、かなり観光地化していて団体さんやビギナーさんもたくさん。

マナーがあちゃー・・・な方々も多いですが。

それを差し引いてもこの景色を見るためならまた来たい。

次は季節を変えて。(もやって富士山見えなかった)

f:id:haluka0514:20170709165550j:plain

f:id:haluka0514:20170709165606j:plain

全行程の3分の1しか来てないですが

ここでラーメンとかき氷を食べて満足。

(ここまでだと確実に摂取エネルギー過多)

だいぶおなかいっぱいな感じですが、

コースのハイライトはこの先にあったのでした。

 

感動のもふもふ稜線 小金沢連峰は②後編につづく。

▼後編はこちら

www.getready-getset.com